人脈を広げるのに便利

人脈を広げるペット名刺は一見すると、それほど実用性があるように感じられないかもしれませんが、コミュニケーションをとるきっかけとなり、さらには人脈を広げるのに便利なアイテムです。特に頻繁に散歩に出かけたり、ドックランを利用したりする方々にとって、その時々で同じペット好きに出会う事は少なからずあります。

よくあるのは犬の散歩中、他の飼い主さんとすれ違ったり、ドッグランで他の利用者とちょっとしたお話になったりする場面があります。しかし、そういった方々とは、その場で軽くおしゃべりをする程度で、実際にはそれほど顔を覚えられない場合が多いかと思います。

しかしペット名刺があれば、犬と飼い主の顔を結びつけて覚える事が可能です。連絡先を乗せておけば、今後連絡を取り合うような関係になれるかもしれません。もっとも、ペット名刺を交換したからといって必ず親密になれるとは限りませんが、少なからず親密になる可能性が生まれますし、何かしらを理由に接点が生まれる事だって考えられます。

実際に、ペット名刺を交換し合っていた事で、首輪が外れたペットをその方が見つけて連絡してくれたという事例もあるようです。単にコミュニケーションだけではなく、ペットのためになる場合もあるでしょう。

 

名刺の作成はどうしてますか

名刺といえば、ビジネスマンの必須アイテムの一つです。携帯が普及するよりも、長く使われているビジネスツールといえるでしょう。さてその名刺、あなたはどんなものをお持ちでしょうか。ごく一般的な文字のみの名刺でしょうか。もちろん一般的な文字のみがまだまだ主流ですが、それって取引先などに印象が残るものでしょうか。相手もビジネスマンです。年に何十枚と名刺はもらっているはずです。その中で、自分のものが印象に残ることはあるでしょうか。

会話が得意で、相手にそれだけ印象を与えることができれば話は別ですが、並大抵のことでは印象に残らないでしょう。そうときに、独自の名刺を作成し、相手に渡せばどうでしょうか。それだけで違う見方をされるのではないでしょうか。名刺作成そのものはそんなに難しいものではなく、またそんなにお金がかかるようなものではないようです。一味違うビジネスマンに思われる一つの手段として、名刺作成に力を入れてみるのはどうでしょうか。

 

名刺は自分がどういう人なのかわかりやすく作成したほうがいい。

社会に出て企業などに就職して働くようになると、その企業のお得意先やお客様などいろいろな人と出会います。そして初めてお客様やお得先の担当者の人と会う時は、自分の自己紹介をする時にその相手に名刺を渡します。名刺とは自分の名前や会社の住所、社名、職業、身分などが記載された小さい紙です。そして初めて会うお得意先の担当者の人やお客様に対して、自分のことを覚えてもらう必要があります。そのためには名刺にもひと工夫する必要があると言えます。

それでは名刺を作成するにあたってどうすればいいのかというと、通常のシンプルな会社の名刺などは自分の名前や会社の住所、社名、電話番号、FAX番号、ホームページアドレスや肩書きなどが書かれていてシンプルなものです。しかし名刺をもらった相手は他にもたくさんの人に会っていて、名刺交換もしているので覚えているかわかりません。そして覚えてもらうためには例えば業務内容を詳しく記載したり、顔写真を入れたりしてもらった相手に印象づけるような名刺を作成することが大切です。

どういう場面で使う?

ペット名刺の活用される場面は様々です。例えば、犬仲間や友達に配ってみる使い方があります。散歩の途中で散歩仲間と会う事、あるいはドッグランで知り合う人たちに配ると、さらに交流を深めやすくなるでしょう。散歩中やドッグランを含めると、一度に多くの人に出会う事も珍しくなく、そのため全員の顔を覚えるのは大変です。

愛犬家愛犬家の人たちは、飼い主の顔だけではなく、犬と結びつけて覚えられる事が多い為、犬の写真がついたペット名刺を渡しておけば、覚えてもらいやすいでしょう。ご自身のペットを紹介しているSNSなどもあれば、より連絡を取りやすくもなります。

ご自身のためだけではなく、プレゼントとして活用されるのも面白い点です。例えば友人のペットの写真を撮っておき、それを元に名刺を作ってプレゼントします。ご自身ではどうしても作る気になれないという人もいるかもしれませんが、プレゼントであれば気軽にもらう事が出来ます。その場合、勝手に飼い主の情報を載せるのは難しいと思いますので、ペットの情報のみ載せておく方がトラブルが起こりづらいでしょう。その他ペットサロンや動物病院でも簡単に情報を教えるのに活用できますので、便利に活用してみてはいかがでしょう。

 

名刺のデザインは個性的なものにする

名刺のデザインというものは個性的なものにしていくということがとても大切なことであり、こうしたことはとても大切なことです。デザインを個性的なものにしていくことで、名刺を配っていく人にもとても覚えてもらいやすいものになっていくものであり、こうした覚えてもらいやすいということは仕事に繋がっていく可能性というものもとても大きなものになっていくものであり、とても大きな価値があります。こうしたものはとても素晴らしいものです。

こうしたものはとても便利なものですし、人脈を広げていくのにもとても適しているものです。こうしたことから様々なチャンスというものは見つけていくということは可能なものであり、とても素晴らしい価値があります。名刺を配っていくということはとても大きな機会を得ていく可能性というものもとても高まっていくものであり、こうしたことはとても大事なことです。名刺というものはとても重要でデザインを個性的なものにするといことはチャンスを高めてくれます。

 

ビジネスだけじゃない名刺活用 格安で印刷も可能

社会人になって一番嬉しかったことは自分の名刺をもらった時です。そう感じた方って沢山いらっしゃいますよね。初めての名刺交換のドキドキとか思い出すと初心に戻れる気がします。会社で決まった書式で作られた名刺はやはりビジネスシーンでのものなので遊び心はあまり入れられませんが、顔写真付きとかQRコードで情報を沢山盛り込んだものなど本当にさまざまな名刺があります。ビジネス以外でも名刺を持ってる方、最近は多く見かけるようになりました。

個人のサイトやブログのURL、アドレス等々を素敵なデザインの名刺でいただくとその方の人柄もうかがえて楽しいです。個人で名刺を作ろうと思った時や新しくビジネスを立ち上げて名刺を作ろうとする時、一昔前は街の印刷屋さんなどでお願いする方もいらっしゃるでしょうが、現在はネットで注文する方が簡単で早く、しかも数量が少なくても注文を受けてくれるようになっています。お洒落なデザインを選べて場所に応じて使い分けられるように数種類のデザインを作れるのですからとても便利です。私はブログデザインを名刺に印刷できるサービスを使ってブログ仲間とのオフ会で配ったりしたこともあります。ビジネスに限らず楽しみのためにも使えました。

 

ペット名刺って何?

ペット名刺ペット名刺は、その名称の通りに例えば愛犬や愛猫などの情報を記載している名刺を言います。一般的な名刺ですと、取引先や営業先の方々と交換するために使用されますが、こちらは散歩仲間、あるいはドッグランで知り合う方々と交換するために使われます。当サイトではこの、ペット名刺に関する情報を紹介します。

ペット名刺は特別、ビジネスシーンで使用するものではありませんので、記載する情報は自由です。一般的には「写真」「名前」「品種」「飼い主名」「飼い主の連絡先」「SNSなどの情報」などを載せる他、迷子になった時に便利なマイクロチップ番号を記載する場合があります

この情報をすべて載せる必要はなく、名前や品種だけでも良いでしょう。今ではパソコンを使えばご自身で作成する事も可能ですが、せっかくならば綺麗に作成してみたいという方も少なくありません。そういった方々は専門の業者に依頼して作成される事もあります。

業者に依頼するといっても、大量発注ではなく、小ロットでの注文も可能です。そのため、多くはそれほど高い料金で作成しているのではなく、安く作れます。必ず必要な名刺ではありませんが、散歩仲間が多かったり、しばしばドッグランに顔を出したりするのであれば、持っておいた方が便利な場面が多いでしょう。ペットを飼われていない方にとってはあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、愛犬家、愛猫家の方々ですと、一度記念に作ってみるのも面白いでしょう。

 

プライベート名刺を印刷屋に頼んでみよう

これまで名刺印刷といえば、ちょっと割高、なんてイメージがあったかもしれません。現在、印刷価格はかなり下落しており、モノクロ片面100枚であれば、1000円程度から注文することができます。オンライン上でデザインや名刺の内容を記入し、そのデザインで印刷が行われるというものも人気です。これなら自分でデザインを選べるだけでなく価格も抑えることができるのです。配送はメール便というところが多く、送料もそう高くはありません。

仕事では会社で名刺を作っているというなら個人用のものを作ってみてはいかがでしょうか。オシャレでかわいいプライベート名刺を持っていれば何かと便利に使うことができるはずです。また、デザインに凝ったデザイン名刺であっても、最近ではデータ作成料がかなり下がってきています。名刺はあまり使わないから、と言わず、一度作ってみてはいかがでしょうか。自分の名前がぱりっとした紙に印刷されていると、とても気分がいいものです。

 

オリジナリティを盛り込んだ名刺で印象度アップ

ビジネスシーンに欠かせない名刺。特に自営業の人やフリーランスで仕事をしている人にとっては、重要な営業ツールでもあります。最近では会社員でも、会社で支給される名刺とは別に、サブ名刺として自分のオリジナル名刺を作成する人も増えています。名刺の印象は、縦書きか横書きか、文字のフォント、用紙の質感や色調などによって、大きく違ってきます。

最近では3Dやホログラムなどの特殊印刷や、アロマの香りつきなどの新しい趣向を凝らした名刺も登場しています。職種や用途にもよりますが、業務に支障をきたさない範囲で、オリジナリティを盛り込んだデザインを考える作業も楽しいものです。外国人と接する機会が多い場合には外国語表記も加えておくと親切ですし、顔を覚えてもらうことが大切な営業や接客の職種の場合には顔写真や似顔絵を入れるのも効果的です。小ロットからの注文を受け付けている業者も多いですから、いろいろなデザインにチャレンジしてみたいものです。