ペット名刺って何?

ペット名刺ペット名刺は、その名称の通りに例えば愛犬や愛猫などの情報を記載している名刺を言います。一般的な名刺ですと、取引先や営業先の方々と交換するために使用されますが、こちらは散歩仲間、あるいはドッグランで知り合う方々と交換するために使われます。当サイトではこの、ペット名刺に関する情報を紹介します。

ペット名刺は特別、ビジネスシーンで使用するものではありませんので、記載する情報は自由です。一般的には「写真」「名前」「品種」「飼い主名」「飼い主の連絡先」「SNSなどの情報」などを載せる他、迷子になった時に便利なマイクロチップ番号を記載する場合があります

この情報をすべて載せる必要はなく、名前や品種だけでも良いでしょう。今ではパソコンを使えばご自身で作成する事も可能ですが、せっかくならば綺麗に作成してみたいという方も少なくありません。そういった方々は専門の業者に依頼して作成される事もあります。

業者に依頼するといっても、大量発注ではなく、小ロットでの注文も可能です。そのため、多くはそれほど高い料金で作成しているのではなく、安く作れます。必ず必要な名刺ではありませんが、散歩仲間が多かったり、しばしばドッグランに顔を出したりするのであれば、持っておいた方が便利な場面が多いでしょう。ペットを飼われていない方にとってはあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、愛犬家、愛猫家の方々ですと、一度記念に作ってみるのも面白いでしょう。

 

プライベート名刺を印刷屋に頼んでみよう

これまで名刺印刷といえば、ちょっと割高、なんてイメージがあったかもしれません。現在、印刷価格はかなり下落しており、モノクロ片面100枚であれば、1000円程度から注文することができます。オンライン上でデザインや名刺の内容を記入し、そのデザインで印刷が行われるというものも人気です。これなら自分でデザインを選べるだけでなく価格も抑えることができるのです。配送はメール便というところが多く、送料もそう高くはありません。

仕事では会社で名刺を作っているというなら個人用のものを作ってみてはいかがでしょうか。オシャレでかわいいプライベート名刺を持っていれば何かと便利に使うことができるはずです。また、デザインに凝ったデザイン名刺であっても、最近ではデータ作成料がかなり下がってきています。名刺はあまり使わないから、と言わず、一度作ってみてはいかがでしょうか。自分の名前がぱりっとした紙に印刷されていると、とても気分がいいものです。

 

オリジナリティを盛り込んだ名刺で印象度アップ

ビジネスシーンに欠かせない名刺。特に自営業の人やフリーランスで仕事をしている人にとっては、重要な営業ツールでもあります。最近では会社員でも、会社で支給される名刺とは別に、サブ名刺として自分のオリジナル名刺を作成する人も増えています。名刺の印象は、縦書きか横書きか、文字のフォント、用紙の質感や色調などによって、大きく違ってきます。

最近では3Dやホログラムなどの特殊印刷や、アロマの香りつきなどの新しい趣向を凝らした名刺も登場しています。職種や用途にもよりますが、業務に支障をきたさない範囲で、オリジナリティを盛り込んだデザインを考える作業も楽しいものです。外国人と接する機会が多い場合には外国語表記も加えておくと親切ですし、顔を覚えてもらうことが大切な営業や接客の職種の場合には顔写真や似顔絵を入れるのも効果的です。小ロットからの注文を受け付けている業者も多いですから、いろいろなデザインにチャレンジしてみたいものです。