人脈を広げるのに便利

人脈を広げるペット名刺は一見すると、それほど実用性があるように感じられないかもしれませんが、コミュニケーションをとるきっかけとなり、さらには人脈を広げるのに便利なアイテムです。特に頻繁に散歩に出かけたり、ドックランを利用したりする方々にとって、その時々で同じペット好きに出会う事は少なからずあります。

よくあるのは犬の散歩中、他の飼い主さんとすれ違ったり、ドッグランで他の利用者とちょっとしたお話になったりする場面があります。しかし、そういった方々とは、その場で軽くおしゃべりをする程度で、実際にはそれほど顔を覚えられない場合が多いかと思います。

しかしペット名刺があれば、犬と飼い主の顔を結びつけて覚える事が可能です。連絡先を乗せておけば、今後連絡を取り合うような関係になれるかもしれません。もっとも、ペット名刺を交換したからといって必ず親密になれるとは限りませんが、少なからず親密になる可能性が生まれますし、何かしらを理由に接点が生まれる事だって考えられます。

実際に、ペット名刺を交換し合っていた事で、首輪が外れたペットをその方が見つけて連絡してくれたという事例もあるようです。単にコミュニケーションだけではなく、ペットのためになる場合もあるでしょう。

 

名刺の作成はどうしてますか

名刺といえば、ビジネスマンの必須アイテムの一つです。携帯が普及するよりも、長く使われているビジネスツールといえるでしょう。さてその名刺、あなたはどんなものをお持ちでしょうか。ごく一般的な文字のみの名刺でしょうか。もちろん一般的な文字のみがまだまだ主流ですが、それって取引先などに印象が残るものでしょうか。相手もビジネスマンです。年に何十枚と名刺はもらっているはずです。その中で、自分のものが印象に残ることはあるでしょうか。

会話が得意で、相手にそれだけ印象を与えることができれば話は別ですが、並大抵のことでは印象に残らないでしょう。そうときに、独自の名刺を作成し、相手に渡せばどうでしょうか。それだけで違う見方をされるのではないでしょうか。名刺作成そのものはそんなに難しいものではなく、またそんなにお金がかかるようなものではないようです。一味違うビジネスマンに思われる一つの手段として、名刺作成に力を入れてみるのはどうでしょうか。

 

名刺は自分がどういう人なのかわかりやすく作成したほうがいい。

社会に出て企業などに就職して働くようになると、その企業のお得意先やお客様などいろいろな人と出会います。そして初めてお客様やお得先の担当者の人と会う時は、自分の自己紹介をする時にその相手に名刺を渡します。名刺とは自分の名前や会社の住所、社名、職業、身分などが記載された小さい紙です。そして初めて会うお得意先の担当者の人やお客様に対して、自分のことを覚えてもらう必要があります。そのためには名刺にもひと工夫する必要があると言えます。

それでは名刺を作成するにあたってどうすればいいのかというと、通常のシンプルな会社の名刺などは自分の名前や会社の住所、社名、電話番号、FAX番号、ホームページアドレスや肩書きなどが書かれていてシンプルなものです。しかし名刺をもらった相手は他にもたくさんの人に会っていて、名刺交換もしているので覚えているかわかりません。そして覚えてもらうためには例えば業務内容を詳しく記載したり、顔写真を入れたりしてもらった相手に印象づけるような名刺を作成することが大切です。